98歳で50歳の若さだった博士

ブラウン・ランドーン博士のその生き方と若返りについてご紹介します

Read More

蒸留水

不純物が全くない純粋で安全な水。料理に使うことで味をひきたて、赤ちゃんには安全で、化粧水が作られる便利な蒸留水の紹介です。

蒸留水の説明はこちらから

蒸留水

蒸留器ディディミ

純水を作るための蒸留器ディディミ。ディディミは、地球の循環システムと似ています。蒸留水が作られるまでの仕組み等解説します

Read More
蒸留器ディディミ

【新刊】真理のABC発売中

神に至る方法が具体的に述べられています。自己の真実の望みを叶える事、自己実現について。真実の自己表現は、そのまま神の表現であり、表面的な代替願望の奥にある自己の真の望みを発見する事から始まります。

詳細とお買い求めは こちらから

真理のABC

蒸留器ディディミ

蒸留器ディディミの使用法

蒸留器ディディミの説明
ジョウロと活性炭が入っています
活性炭
活性炭は全部で3つ入っています
1 活性炭を、簡単に水洗いして下さい。

2 白く細長い筒(カートリッジ)の蓋をとり、その中に活性炭を入れます。活性炭が入りにくいときには、中の仕切りをはずして、その下に入れて下さい。(仕切りは、あってもなくてもどちらでも構いません)その後白い筒(カートリッジ)に蓋をします。


右端が仕切り、上にあるのがフタです
3 ディディミ本体の蓋を開けて、水受け容器を取り出します。
4 水受け容器の蓋を開けて、その穴の所に、白い筒(カートリッジ)を差し込みます。
 5 ディディミ本体に水を入れます。内側の8分目位の所に、目印の線があります。そこまで水を入れて下さい。
 6 ディディミ本体の蓋を閉めて、その水出口に水受け容器を置いて下さい。ディディミ本体の水出口と白い筒(カートリッジ)を合わせます。

7 コードを差し込みます。 コードは2本あります。

黒いコード(上蓋についています)
本体の上(ふた)と下(水入れ部分)をつなげます。

黒いコード 本体を電源につなげます
コンセントに差し込んで下さい。すぐ通電となります。

沸騰後ディディミから一滴ずつ蒸留水が落ちてきます。蒸留完了後にはサーモスタットが働いて、自動的に電源が切れます。平均で6時間半後位ですが、水温によります。就寝前にスイッチを入れて頂くと翌朝出来上がっています。2度目の蒸留は、本体の温度が冷えたらOKです。(熱湯を入れると1時間~1時間半ほど時間が短縮されますが、危険ですのでお気をつけ下さい。

ディディミの第1回目の蒸留水は、必ず捨ててください。2回目から飲用できます。

ディディミのメンテ

ディディミには1年間の保証書がついていますが、1年を過ぎても実費でいつでもメンテが可能です。海外から輸入しただけの商品では、このメンテが効きません。しかし、どんな機械も何年も経つと、どうしても消耗品が疲れてきます。ディディミは、サーモスタットやファン・パッキン・内蓋という消耗部品を交換あるいは修理することで、いつまでも長くお使い頂けます。

今の時代、機械が故障すると、修理代は商品の購入価格以上に高額となることが多いです。ディディミのメンテ・システムは別紙のようなわかりやすい良心的な金額です。これは、本当に便利で、素晴らしいと思います。

ディディミサービスセンター 
℡ 
072ー242ー3139
Fax 072ー242ー3140
592-8347
堺市西区浜寺諏訪ノ森西3丁287ー1ー503号

 

< 蒸留器ディディミの内部 | 蒸留器ディディミの通電実験  >

 


蒸留器ディディミ、書籍などのご購入はこちらから

ブラウン・ランドーンショップオンライン