第13号 07年10月05日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

つるはし便り

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★       第13号 07年10月05日

彼岸花が咲き、秋の虫の鳴く頃となりました。ご無沙汰しております。
今年は大変な猛暑でしたがやっと少し秋らしくなりましたね。皆様
如何お過ごしでしょうか?

★ 蒸留水はゼロ水

蒸留水には栄養がありませんが、それでもいいのですか?というご
質問をよく頂きます。はい、蒸留水はゼロのお水です。水は栄養補給
のためではなく毒素の排出・デトックスのために必要なものです。

★ デトックスのための食品

栄養が無くても、私たちが積極的に取り入れているものは沢山あります。
まず食物繊維がそれですね。 私たちは無意識に栄養ではなくお腹をき
れいにしてくれるこんにゃく(食物繊維)を食べています。

またキチン・キトサンにも栄養はありません。これも動物性食物繊維です。
近年食物繊維はそのデトックス効果によって注目されるようになりました。
第六番目の栄養素と言われます。栄養の吸収ではなく不要なものを排出
する(デトックス)ために必要なものですね。(我が家の猫も毛玉を吐き出
すためにせっせと青草を食べます・・)また食べる活性炭も同様に毒素の
吸着と排出のために用いられます。

★ 水の仕事は浄化すること

水も(体温調節や水分バランスとともに)浄化(デトックス)が本来の仕事です。
蒸留水は唯一油分を溶かすことが出来る水。溶剤としてとても優れた力を
持っています。要らないものは溶かしながら排出し、必要なものは体が使い
やすいよう小さく吸収しやすくしてくれます。体の中をきれいにしてくれる働き
者。蒸留水の特徴はパワフルなその浄化力にあります。

★ ドンキで見つけました!!

先日大分市にあるドン・キホーテに出かけました。そこで何と、ペットボトル
(500㍉)の蒸留水が山のように積んであるのを見つけました!これまでも
薬局で赤ちゃん用のピュアウォーターを見かけたことがありますが、これは
逆浸透膜方式で作られた水です。古い水をフィルターに掛けて不純物を取
り除いた蒸留水ですね。しかしドンキの蒸留水はちゃんと蒸留方式で作った
蒸留水。驚きました。お店のキャッチコピーは、”圧倒 今の時代は蒸留水
でしょう!蒸留水 大人気 69円”というものです。

蒸留水の普及を志してから何年になるでしょうか。私も最初はペットボトルを
ケースで取り寄せることから始めました。体中の細胞にすっと溶け込むような
感覚が気に入ってしばらく続けていましたが、ボトルでは十分な量を摂る事が
出来ませんでした。割高なのと台所にはボトルの山が・・。そんな時にディディミ
とご縁を頂きました。今では毎日2回蒸留していますから、日に7リットル以上
使っています。世界一安全で最もピュアな、贅沢なお水をたっぷりと使わせて
頂いています。

★ 皆様に感謝です!

いつか、いつの日かきっと、近所のスーパーでもペットボトルの蒸留水が普通
に売られる日が来る。必ずそんな日がくるから!とずっと思ってきました。それ
がこんなに早く、大分で見かけるなんて・・・。ドンキで蒸留水のボトルを手にし
ながら、涙がこぼれました。皆様の、そして沢山の蒸留水ファンの方々の熱い
思いが、今新しい時代の流れとなって現れてきました。感謝です!!やっと時代
が純粋なものを求めるようになってきたことを心から嬉しく思います。ピュアな身体
に必要な水はピュアな水。そして蒸留水はピュアな心へと導いてくれます。その
素晴らしさが日本でもやっと知られるようになりました。

★ 今月はランドーン博士の命日月です

10月10日はランドーン博士の命日です。博士は1945年・10月10日、98歳
で50代の若さと健康体を維持したまま、フロリダ州ウィンターパークで亡くなりま
した。どうしてもっと長生きしなかったのかと思いますが、私はその2年前に奥様
が他界されたことと関係あるのではないかと考えています。また1945年は日本
に原爆が落ち、第二次世界大戦が終結した年。一つの時代の大きな区切りとな
った年。もうそろそろ行こうかな、とこの世を去ったのではないかと思います。

博士は1847年3月6日・大西洋航行中の船上で生まれました。そこに象徴され
るように、アメリカとヨーロッパの橋がけとなって活躍しました。医師として(イギリス
王室の専属医師だったこともあります)芸術家として、歴史家として、また政治家と
して大使に任命され、経営コンサルタント(初期フォード社等)として、又教育者と
してソルボンヌやオックスフォード大学で講義をしました。他にも沢山の業績があり
ます。そして霊的な指導や沢山の人々への奉仕にその一生を捧げました。ブラウン・
ランドーン基金を立ち上げ(勿論今は存在しませんが)その収益はすべて平和の
ために使われました。

アメリカではニュージャージー州・ニュートンに在住。その後1938年にウィンター
パークに移り、晩年の7年をそこで過ごしました。現在残されている著書の多くは
フロリダ州ウィンターパークで書かれたものです。残念ながらヨーロッパ在住時の
ものは全く資料がありません。(ヨーロッパではフランス・ドイツ・イギリス・イタリア
に長く暮らしていました)

★ ”願い”それは実現への予言

私自身どれほど博士の言葉に慰められ、勇気付けられてきたかわかりません。
博士は光になろうとは思いません。光そのものとして自在に自分を表現してきました。
心から望むことがあるなら、どんなことでも、それは”必ず実現する”という予言だよ、
とランドーン博士。この言葉一つで沢山の抑圧から解放されました。

心からの願いは、実現する力があるということの証拠なんですね。私はサッカー選手
になりたいとは思いません。出来ませんから、願うことがありません。しかし個々人
それぞれの個性は違っても、誰もが切実に願うことがあります。それは病気のときの
健康になりたい!という思い。体が不調な時は誰でも心細くなります。でも、真実の
願いが”健康”ならば、それは確実に実現することの”予言”だとランドーン博士は
言います。博士は、私たちの中に眠る無限の可能性を本当に知っていました。

心からの願いは、何であっても、それを実現する力がある証拠だということを博士は
その身をもって見事に証明しました。”出来るのだから実現して欲しい!”というのは
無意識からの叫び声。それが私たちの”願い”というものなんですね。98歳の博士は
若者のように元気に街を闊歩し(事故で足が片方崩れていたのに!)本当に50代の
若さでした。”私に出来たのだから、あなたにもきっと出来る!”という博士の言葉は
机上の論理としてではなく、時代を超えた実践の言葉として心の奥深に届き、私たち
を勇気付けてくれます。

★ 62周忌記念・ディディミキャンペーン ★

10月はランドーン博士の62周忌という特別な月です。ランドーン博士を記念して、
10月一杯期間限定でディディミのキャンペーンを開催します。 一人でも多くの方が
ご購入頂けますように、今回思い切ったお値段にさせて頂きました。2台目としても、
このキャンペーンを是非ご利用下さい。

    —- 10月31日までの期間限定キャンペーンです—

勿論アウトレット商品ではなく正規品で1年間の保障がついています。
またディディミは保障期間が過ぎても、良心的な値段でいつでもメンテが可能です。

蒸留器ディディミ 69,750円 (税・送料込)
(10月31日まで限定キャンペーン価格)

代理店も募集しております。お気軽にお問い合わせください。

十菱 愉美子
ブラウン・ランドーン協会
大分県豊後大野市三重町内田887-3
info@brownlandone.com

http://www.brownlandone.com/

郵便局総合(通帳ぱるる) 17220-4712811
郵便振替(振込用紙) 01980-3-62637
大分銀行 三重支店 普通 48448
(十菱 愉美子 ジュウビシ ユミコ 名義)

配信停止は こちらからお手続き下さい。 ↓
(ウエブページにジャンプします)

http://www.brownlandone.com/mm/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>